仕事・部門紹介 第三者保守サービスは、多様でユニークな社員たちによって支えられている。

日本の社会インフラを支える大規模なシステムまでを対象にして、大きなコスト削減によって競争力強化につながる新規投資の原資を短期間でお客様に確保していただくために、営業、技術、調査・調達という組織が強力にネットワークして、新しい価値を生み出しています。これらの部門・仕事は、当社が独自に生み出してきたオリジナルであって、今でも毎日のように進化しています。そこでは、役割や年齢にとらわれない積極的で自由なアイデアの発信・交換があり、現場からイノベーションが生まれています。

営業

第三者保守サービスの価値を正しく伝えて、システム延伸やそれに伴うコストダウン・IT投資の合理化などを提案し、「ソリューション営業」としてお客様の課題解決をご提案していきます。
外勤(直接的な顧客対応)と内勤(バックアップによる営業アシスト)に分かれ、双方密接に関わります。

ソリューション営業(外勤)

日本を代表する大手企業やグループもお客様に含まれます。その中でも、相手は本部長・部長をはじめ、担当部門・情報システム部門の部門長・担当者までと幅広く、IT予算の削減や最適化に効果的な“システム保守費用の改善”“IT資産の活用”といった、経営に直接に関わるプランをご提案します。既存顧客への深耕が中心になります。

ソリューション営業(内勤)

新規お客様からのお問い合わせに電話・メールで対応し、当社サービスや保守パーツ販売をご紹介します。また外勤営業と連携し、社内エンジニアや調達担当者など関係各所をコーディネートし、既存のお客様へご提案する準備を行います。

IT機器の調達・調査

営業の動向に合わせながら国内・海外のセカンダリー市場を調査し、必要な保守パーツや機器についてサービスに合わせて価格交渉や納期の調整を行います。海外パートナーとは、主に英語によるメールで対応していただきます。将来的には現地調査・調達をお願いする可能性もあります。
また、セカンダリー市場でも手に入れることのできない機器を調達するために、新たな調達ルートの開発やユーザーからの資産買取の提案を行います。

インフラエンジニア

サーバやストレージ、ネットワーク機器に関わるエンジニアです。主な業務として、お客様先に訪問してハードウェアの障害対応、営業部と連携し技術的な提案をサポート、保守パーツのキッティングや整備、上級職として保守技術を開発するといった業務があります。
IT=理系というイメージを持っている方も多いでしょうが、学校で何を学んできたかは実は業務上なんらハンディになりません。ハードウェアをはじめとする業務に必要な知識は、社内の技術講座を受講すればスキルの習得が可能です。また、社内外の調整業務やプロジェクト・マネジメントなどには、先輩からのタイムリーなアドバイスやサポートがあります。