ホーム > 統合方針

統合方針

データライブ株式会社 統合方針

1.基本理念
 当社は情報システムの保全を行う立場として、お客様のシステムおよびそれに関するデータの重要性を理解し、提供する機器・サービスの品質を高め、お客様との約束を果たし、信頼を得るための継続的な活動を行い、日々向上して参ります。
そして当社の企業活動が社会インフラを支え、社会の発展とより良い環境作りに貢献することを基本理念とします。

2.基本方針
品質方針
 基本理念を踏まえ、お客様に提供する機器・サービスを万全の品質をもって提供するため、マネージメントシステムの継続的な改善を図るとともに、品質方針を実現するために品質目標の設定及びレビューの実施を推進します。
 (1)不良率低減のための検証や検査項目の改善を実施します。
 (2)保守員の現場力、能力向上のための訓練を実施します。
 (3)劣化防止のための環境改善活動、配送不良低減のための改善活動を実施します。
 (4)高品質かつ安価な調達を安定的に行うための活動、仕入先の教育を実施します。
 (5)お客様の資産価値を最大化する提案活動および認知活動を実施します。

ISMS方針
 お客様の重要な情報に関わる私たちはその重要性を理解し、それら情報資産に対する適切な安全管理対策を実施し、保護することが責務と認識しています。この責務を果たすため法令並びに規制要求事項並びに契約上のセキュリティ義務を考慮し、社員の日頃の行動がこの責務に沿った行動に習慣化され、社に定着するよう下記活動を実施します。
 (1)情報セキュリティ委員会を設置し、最適なセキュリティ対策を講じるとともに、セキュリティ活動の推進を図ります。
 (2)経営者及び従業員は、当社のセキュリティに関する規則に従って行動し、情報資産に関する事故の発生予防に努めるとともに、万一、事故が発生した場合は、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じるものとします。
 (3)情報セキュリティに関する啓発・教育活動を実施します。
 (4)事業内容の変更、組織変更及び技術的変化等に応じて、ISMS基本方針を定期的に見直し、情報セキュリティ体制の継続的な改善を図ります。
 (5)ISMS基本方針を実現するために経営者としての責務をはたし、支持します。

平成24年12月1日
データライブ株式会社
代表取締役 山田 和人