サービス・ソリューション
Service Solution
ITAD(IT機器の適正処理)
IT Asset Disposition
保守技術開発
Technical Development
採用情報
Recruit
データライブについて
about DATALIVE

HOME

  • サービス・ソリューション
  • IT資産の最適化による戦略的IT投資の促進

    IT資産の最適化による戦略的IT投資
    IT予算を組み替え、原資を創出
    戦略的IT投資を可能にする

    IT予算の原資創出EOSLマルチベンダー保守

    IT資産の最適化ソリューション
    “戦略的IT投資”を可能にする

    データライブでは、「第三者保守」を活用し“攻め”に重点を置いた「IT資産の最適化による戦略的IT投資」をご提案しています。

    メーカー保守終了後のITハードウェアの延長保守を行い、システム稼働期間を延長させるといったシンプル且つスピーディな方法で、IT予算の原資を創出(戦略的組み替え)。IT投資対効果の最大化(ROI)・トータルコスト削減(TCO)が可能となります。
    戦略的観点から、お客様が運営する全ITシステムの用途やコストを考慮しバランスのとれたサービスをご提案します。

    IT予算の原資創出(戦略的組み替え)

    「第4次産業革命」ともいわれる時代に入りつつあり、企業のIT投資は増加傾向となっています。
    AIや IoT、Fintech、○○tech…といった新技術の創造やビジネスの創出が欠かせなくなってきている今、我々はIT予算の構造に問題があると考えています。事業創造や競争力強化を推進するための資金の割合が小さいのです。IT投資の分野において80%がシステム維持・運用費に費やされている、つまり「守り」の投資になっています。では、戦略的な予算といった「攻め」の投資はというと20%になります。
    データライブでは「第三者保守」を活用した”IT予算の原資創出(戦略的組み替え)”をご提案しています。
    第三者保守を活用したIT予算の原資創出 戦略的組み替え

    システム保守費削減ロードマップ ご提案

    自社ITシステム全体のITライフサイクルを把握することで、「攻め」と「守り」の基盤となるバランスが取れた計画的なIT投資をサポートいたします。
    メーカーに依存せず、自社の戦略に合わせてシステム稼働期間をコントロールできるようになり、短期間でシステム保守コスト削減計画を立てることが可能となります。
    自社ITシステム全体のITライフサイクル管理 保守コスト削減

    お客様×メーカー・SIer×データライブの共栄モデル

    お客様とSIer様/保守会社様/メーカー様の関係性はそのままに、データライブが「障害解析」と「パーツ供給」を行う新たな保守サポート体制のご提案が可能です。
    第三者保守の活用を検討されているが既存の関係性により、推進し難い状況がありましたらご相談ください。
    ※関連記事:ITmediaエンタープライズ “デジタル変革に向けIT投資の好循環を生み出す「第三者保守」”
    デジタル変革に向けIT投資の好循環を生み出す第三者保守

    導入事例のご紹介

    EOSL保守サービスのお客様導入事例 金融・保険事業者

    金融・保険業 お客様導入事例
    事例詳細を見る >

    EOSL保守サービスのお客様導入事例 通信事業者

    通信事業 お客様導入事例
    事例詳細を見る >

    お困りのことはございませんか?

    お問い合わせはこちらから
    ・IT資産の最適化によるITコスト削減を検討したい
    ・増加するITシステム保守費を見直したい
    ・既にメーカー保守切れしたシステムが稼働している
    ・リプレイスやクラウド移行期間だけ
     既存システムの保守を検討したい
    まずはご相談ください。
    お問い合わせはこちらから
    EOSL保守 サーバー・ストレージ・ネットワーク機器の延伸保守

    EOSLマルチベンダーハードウェア保守
    システム延伸ソリューション
    IT予算の組み替えによる新たな原資の創出

    サービス概要保守対応メーカー一覧オンサイト保守サービスパーツデリバリサービス障害切り分けサービスハードウェア保守オプション

    EOSLマルチベンダーハードウェア保守

    データライブではメーカー保守終了を迎えたハードウェア(サーバ・ネットワーク機器・ストレージ)に対して第三者保守ベンダーとして複数年に渡って保守・部品供給を延長することができます。

    サービス概要

    お客様のビジネスニーズを満たすために最適なサービスを選ぶことが可能です。
    システム用途におけるサービスレベルを考慮し、ダウンタイムによるリスクと運用コストのバランスを図り、最適なサービスをご提案します。
    オンサイト保守サービス

    オンサイト保守サービス

    エンジニアが訪問修理に伺います

    パーツデリバリーサービス

    パーツデリバリーサービス

    修理部材の供給

    障害切り分けサービス

    障害切り分けサービス

    障害の切り分けのみを行います

    ハードウェア保守追加オプション

    ハードウェア保守追加オプション

    用途に合わせて追加サービス

    保守対応メーカー一覧

    保守対応メーカー一覧

    保守対応メーカーを確認


    EOSLマルチベンダーハードウェア保守サービスレベル

    保守対応メーカー

    保守対応メーカー

    ※記載されていないメーカー・機種はお問い合わせください。

    オンサイト保守サービス レベル/受付完了時間/対応時間

    オンサイト保守サービス レベル/受付完了時間/対応時間

    保守サービス契約されたシステム・IT機器に対して、データライブのフィールドエンジニアが機器設置場所での対応を行うサービスとなります。不具合切り分けや対応プランの策定、保守用部材の手配、交換、回収はデータライブが行います。
    サービスレベル 受付完了時間 対応時間
    障害切り分け オンサイト作業
    オンサイト保守24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日
    作業終了時間制限無し
    オンサイト保守平日9~17時 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます) 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます) 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます)出動。
    作業終了時間は22時まで
    オンサイト保守平日9~17時
    翌営業日対応
    平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます) 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます) 翌営業日以降の平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます)出動。
    作業終了時間は22時まで

    パーツデリバリー レベル/受付完了時間/対応時間

    パーツデリバリー レベル/受付完了時間/対応時間

    お客様から依頼の不具合に対する保守用部材を、お客様の設置場所、或いは指定された場所に発送するサービスとなります。交換作業はお客様が行い、保守用部材の発送依頼、又は不具合要因が特定できない場合の切り分け依頼のみをデータライブは受けることができます。
    サービスレベル 受付完了時間 対応時間
    パーツデリバリーサービス24時間365日 24時間365日 24時間365日発送
    パーツデリバリーサービス平日9~17時 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます) 当日14時までの受け付け分は当日中に発送、それ以外は翌営業日に発送(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます)

    障害切り分けサービス レベル/受付完了時間/対応時間

    障害切り分けサービス レベル/受付完了時間/対応時間

    お客様からの問い合わせに対して、障害の切り分けのみを行います。修理の為の部材が必要となる場合は、別途有償となります。
    サービスレベル 受付完了時間 対応時間
    障害切り分け24時間365日 24時間365日 24時間365日
    障害切り分け平日9~17時 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます) 平日9~17時(土日、祝日及び会社の定める定休日を除きます)

    ハードウェア保守オプション

    ハードウェア保守オプション

    システム用途に応じてオプションを選んでいただくことが可能です。
    EOSL保守サービスオプション HDD情報漏洩防止
    デバイス保持
    (HDD情報漏洩防止)
    HDD(機密データ)保持可能
    現地データ消去可能
    お客様のハードウェアシステムから取り外されたドライブ等が、お客様の機密データを含んでいる場合に、お客様がこれらドライブを保持することが可能です。
    データライブが、ドライブ等の交換が必要であると判断した場合、お客様に交換の為の保守用部材を手配します。
    データライブの派遣するフィールドエンジニアが、保守用部材をインストールし、故障部品をお客様に返却致します。

    ※本オプションを購入した場合、データライブは交換された故障部品の廃棄、破棄について責任を負いません。
    EOSL保守サービスオプション 専用保守部品
    お客様 専用部材化
    お客様専用部材を配備
    現地配備/弊社配備
    お客様専用部材を配備するオプションです。保守用部材をデータライブに配備する「専用パーツオプション」と現地に配備する「サイトスペアパーツオプション」の2 種類があります。

    ※サーバ・ネットワーク機器・ストレージのいずれにも対応しています。
    EOSL保守サービスオプション ネットワーク機器コンフィグ投入
    ネットワーク機器
    コンフィグ投入
    ネットワーク機器に対して
    コンフィグレーション情報投入
    投入形態は以下の2つが選べます。
    ・現地投入オプション
    オンサイトで機器交換時にデータライブがコンフィグレーション情報を投入するオプションとなります。
    ※本オプションの場合は交換作業の際に、コンフィグレーション情報のファイルをデータライブの作業者に提供していただきます。

    ・コールドスタンバイオプション
    障害発生時に使用する保守用部材に予め、お客様のネットワーク機器の組込ソフトウェア(又はファームウェア等)とネットワークコンフィグレーション情報を投入した状態で保管しておくオプションです。
    ※本オプションの場合は、お客様は、組込ソフトウェア(又はファームウェア等)及びコンフィグレーション情報のファイルやバックアップデータを保守契約時にデータライブに提供していただきます。
    EOSL保守サービスオプション 定期点検保守
    定期点検保守
    定期点検で故障を未然に防ぎます
    本オプションは、システムの不具合の顕在化や障害の発生を未然に防ぐために以下のような作業を実施致します。

    ・ログの収集及び障害切り分け
    ・内部の清掃(埃の除去)
    ・コネクタ部の接続の確認
    ・消耗部品の動作確認(バッテリー等)
    ・ハードウェア診断テストの実施
    ・ファームウェアのバージョン確認

    お困りのことはございませんか?


    ・IT資産の最適化によるITコスト削減を検討したい
    ・増加するITシステム保守費を見直したい
    ・既にメーカー保守切れしたシステムが稼働している
    ・リプレイスやクラウド移行期間だけ
     既存システムの保守を検討したい
    まずはご相談ください。
    お問い合わせはこちらから