IT機器の保守サービスに変革の波が押し寄せている。これまで、サーバ/ネットワーク機器を導入した企業が保守サービスを受けようとすると、「購入元ベンダーと契約する」という選択肢しか残されていなかった。しかし、最近はそうした状況も変わり始め、「第三者保守事業者」による独自の保守サポートが注目を浴びつつあるのである。本稿では、リユース機器を扱い独自の価値を提供するデータライブにフォーカスをあて、複数回にかけてその技術力を解説していきたい。第1回で登場するのは、データライブ代表取締役社長 山田和人氏だ。

詳細