第三者保守でITコスト最適化

EOL,EOSLにとらわれない第三者保守の活用で

ITハードウェアの保守期間を長期化。

選ぶなら、1台から利用でき保守パーツ対策の進んだ

データライブのEOSL延長保守サービス。

金融・通信・電力・公共など、あらゆる業界で

全国1,500社・累計50,000台の長期稼働を支えています。

データライブ第三者保守のITコスト最適化ソリューション

第三者保守とは
第三者保守とは
第三者保守を活用したメーカー保守終了後のITハードウェア長期保守化ケーススタディ。はじめて第三者保守をご検討の方へ、IT業界における第三者保守の種類とIT基盤・業務システム向け第三者保守サービスの三大効果やメリットとデメリットや活用時の注意点をご紹介。
第三者保守によるEOSL延長保守サービス
EOSL延長保守サービス
IT基盤を構成するネットワーク・サーバ・ストレージのハードウェアに対し、第三者保守業者(サードパーティー保守プロバイダ)として、メーカ保守終了後も複数年に渡り長期保守サービスとEOSL保守パーツの供給を行います。長期保守サービスのサービスレベルやオプションをご確認下さい。
第三者保守の特集記事
日本の第三者保守
第三者保守は大丈夫なのか?メーカーではない業者にEOSL保守を依頼する「第三者保守」という新たな選択肢を採用する大手企業や団体が増加する中、当社選択の背景や日本での第三者保守のあり方を考えたサービス特性を探る。はじめて検討する際のメリット・デメリット検討や業者選定のヒントに。

第三者保守プロバイダ

第三者保守(Third Party Maintenance)とは、サーバやストレージおよびネットワークのハードウェア・メンテナンスにはメーカーに依存せず、独立して保守サービスを提供するサードパーティ事業者です。Gartnerによると、IT機器メーカーに依存しない第三者保守を活用するハイブリッドメンテナンス戦略は、ハードウェアサポート市場でより一般的になりつつあり、第三者保守プロバイダとエコシステムを形成しています。ユーザーは、第三者保守を選択的に使用して、IT資産の寿命をコスト効率よく延長し、ベンダーによるシステム更改時期を制御し、コストを節約しています。

EOL EOSL EOS

製品ライフタイムを示す用語
「EOL」(End of Life)とは、ソフトウェア業界では「サポート終了」、電子部品・半導体業界では「製造終了」の意味で使用される用語です。
ITハードウェア業界では、独自のOSソフトウェアを組み込んだ製品について、ソフトウェアとハードウェア両方のサポート終了を意味する用語として、主にネットワーク機器やストレージ製品などのメーカーで使用される用語です。
「EOSL」(End of Service Life)も、サポート終了を意味する用語ですが、特に「ハードウェア単体の」保守サポート終了を意味する用語として使用されます。
主に、OSを別途インストールするハードウェア製品(サーバやPC端末)を扱う海外メーカーで「ハードウェア単体の保守サポート終了」を意味する用語として利用されますが、国内メーカーでは単に「ハードウェア保守終了」と表現しています。
なお、保守サポート終了・EOL・EOSLを迎えると、修理用交換パーツの提供や、修理サービスはメーカーから提供されないため、ユーザーは対策が必要となります。
「EOS」(End of Sales)とは、主に「販売終息」を意味する用語として使用されます。ただし、一部メーカーで「EOS」は(End of Support)の略で、「保守サポート終了」の意味で使用されています。
まぎらわしい略語(メーカー用語の差異)
保守サービス終了を意味する用語に「EOL」「EOSL」を使用するメーカーでは、「EOS」を販売終了(End of Sales)を意味する用語として使用し、
保守サービス終了を意味する用語に「EOS」(End of Support)を使用するメーカーでは、「EOL」(End of Life)を取り扱い終了を意味する用語として使用するケースもあります。
また、「EOA」(End of Available)という用語を、ソフトとハード両方のサポート終了を意味する用語として使用するメーカーもあります。
※当社では、EOSは「販売終息」、EOL・EOSL・EOAは「メーカー保守サポート終了」の意味として用語を定義し、機器メーカー毎の習慣に応じて表記します。

データライブ第三者保守の対応機器メーカー

データライブ第三者保守の導入実績

エンドユーザーのPMO、VMO、情シス、IT調達・契約部門、開発・構築ベンダー、基盤更改PM、ITコンサルタント、IT商社セールスMなど、あらゆるお立場のご担当者様より、多角的な観点から多様なご相談を承っております。
金融機関
メガバンク・地方銀行・信金、生保・損保、カード・信販、証券、信託等、金融業のIT基盤の長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
通信 キャリア
大手キャリアのレガシー回線インフラ、CATVなど、通信社会インフラ設備のレガシー基盤の長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
エネルギー
日常の生活を支える社会インフラのシステムにおいて、IT回線設備の維持や業務システム等IT基盤の長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
クラウド・IT
IT社会を支えるデータセンターや、業界の企業グループのプライべートクラウド基盤の長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
鉄道 航空 貨物
鉄道・航空(空港・貨物)のファシリティ管理、電子マネーや情報系システム、交通・運輸業界のシステム基盤の長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
医療 病院
病院の電子カルテ、医事会計システム、医療機器の計測、製薬・検査の各種計測システムやデータ基盤の長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
業務系
拠点間接続などネットワーク設備、生産・在庫・受発注など基幹業務システム基盤、管理系部門サーバの長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。
官公庁・団体
官公庁や地方自治体の公共サービス、教務関連、LANの維持、学術系サーバやストレージの長期保守にデータライブ第三者保守を利用したEOSL延長事例をご覧ください。

データライブ第三者保守の強み

第三者保守の採用実績
全国1500社50000台の実績
データライブのEOSL延長保守サービスは日本全国の1500を超える企業や団体で採用されており、ITハードウェアのサードパーティー長期保守サービスに豊富な実績があります。故障しても直して使い続けられるデータライブのEOSL延長保守でITシステム基盤を長期稼働するお客様事例をご覧ください。
第三者保守のEOSL機器検査技術開発
EOSLパーツの検査技術
メーカーに依存せずEOSLパーツを供給するために、多くのテクニカルな課題やエンジニアリングの課題に向き合っています。高品質を作りこむための技術や継承、精密な電子部品を取り扱う設備やしくみなど、安定した品質で供給するため積み上げている取り組みの一部をご覧ください。
第三者保守のEOSLパーツ備蓄
保守パーツの調達と備蓄量
配備した保守パーツは日々の故障インシデントで消費されていきます。今後EOSLを迎える機器も含め、10万台規模の長期保守に備えて備蓄を進めており、保守パーツの枯渇リスク(調達面のリスク)を軽減します。EOSL保守パーツの特性や備蓄について当社の仕組みをご覧ください。
第三者保守エンジニアの育成
ISO認証
お客様満足を向上するためのISO9001、お客様よりお預かりする情報資産を守るためのISO27001を全部署にて認証。サービスに関わるスタッフ全員でプロセス改善に努め、知見を共有し、高品質・安心・安全のサービスの提供に努めております。
第三者保守による障害ログ解析
第三者保守のための検証環境
第三者保守のためのHDD検査
保守手順の検証、品質の計測方法や実機のふるまいの確認を行うラボ環境を備え、保守手順や品質検査方法の開発拡充に努めます。
第三者保守拠点の関東ストックセンター
第三者保守用EOSLパーツ群
第三者保守用本体
関東ストックセンターにEOSパーツを備蓄。長期にわたる保守パーツ消費とニーズに備え、日常的に入荷・品質検査・配備を実施。

データライブについて

第三者保守のデータライブ
データライブについて
メーカー保守終了後のITハードウェア保守サービス専門企業です。ITシステムに関わる企業とビジネス・エコシステムを形成し、エンドユーザー様のコスト削減と新規IT投資の原資捻出をご提案いたします。
キャリア・パート採用
キャリア・パート採用
お客様にIT資源の最適化を提案し、責任をもって支える、営業職・エンジニア職・物流職の募集。
キャリア・パート採用情報へ
新卒採用
新卒採用
高い当事者意識をもって自立し、発展的に継続する社会をリードする20年後の人材の募集。
新卒募集要項へ

お知らせ

データライブ第三者保守のよくあるご質問

Q:EOLとEOSLの違いは何ですか?またEOSはどういう意味ですか?
A:「EOL」(End of Life)とは、ソフトウェア業界では「サポート終了」、電子部品・半導体業界では「製造終了」の意味で使用される用語です。ITハードウェア業界では、独自のOSソフトウェアを組み込んだ製品について、ソフトウェアとハードウェア両方のサポート終了を意味する用語として、主にネットワーク機器やストレージ製品などのメーカーで使用される用語です。「EOSL」(End of Service Life)も、サポート終了を意味する用語ですが、特に「ハードウェア単体の」保守サポート終了を意味する用語として使用されます。主に、OSを別途インストールするハードウェア製品(サーバやPC端末)を扱う海外メーカーで「ハードウェア単体の保守サポート終了」を意味する用語として利用されますが、国内メーカーでは単に「ハードウェア保守終了」と表現しています。なお、保守サポート終了・EOL・EOSLを迎えると、修理用交換パーツの提供や、修理サービスはメーカーから提供されないため、ユーザーは対策が必要となります。「EOS」(End of Sales)は主に販売終息を意味する用語として利用されます。
Q:EOL後も保守対応できるネットワーク製品メーカーを教えてください。
A:スイッチ、ルータ、ファイアウォール製品を対象に主要な海外メーカー製品、国内製品に対応できます。CISCO製品のEOL保守Juniper製品のEOL保守が多く、HP、Dell製のスイッチ製品サーバ、ストレージと合わせて多くご利用いただいております。ロードバランサはA10製品やF5ネットワークス製Bip-IPのEOLに対応しています。国内メーカーでは、アライドテレシス、APRESIA Systems製品や富士通、NEC主要メーカー製品に対応しています。
Q:海外メーカーのサーバ、ストレージ製品は対応できますか?
A:はい、シェアの高いHP製品のEOSL保守やカスタマイズして購入したDell EMC製品のEOSL保守、NASストレージシェアの高いNetApp製ストレージ製品のEOA・EOL保守、また各社のストレージネットワークに欠かせないBrocadeのSANスイッチ、金融機関や製造メーカー企業等で多く見かけるIBM製品、基幹DBサーバや学術計算用途で多く利用されるOracle製品などに対応しています。
Q:国内メーカー海外メーカー混在のシステムでも対応はできますか?
A:はい、主要な海外メーカーに加え、国内メーカー製品のEOSLメーカー保守終了後の保守に対応しており、富士通製品、NEC製品、日立製品それぞれに海外メーカー製品が含まれるシステムに対してマルチベンダー対応できます。
Q:EOSL保守はどの程度継続できますか?保守部材は枯渇しませんか?
A:機種やシステム構成にもよりますが、通常、初回お申込み時から3年間は継続して保守サービス期間設定を承ります。4年目以降のご継続は、当社の保守交換パーツ備蓄状況と、中古ITハードウェア市場からの供給量に左右されるため、別途、継続の可否をご通知させていただいております。
Q:第三者保守とは何ですか?
A:第三者保守(TPM:Third Party Maintenance)とは、サーバやストレージおよびネットワークのハードウェア・メンテナンスにはメーカーに依存せず、独立して保守サービスを提供するサードパーティ事業者です。