ホーム > サービス・ソリューション > Q&A - EOSL,EOLサーバ保守(Oracle Sun/HP-UX/HP/DELL/Cisco)

Q&A - EOSL,EOLサーバ保守(Oracle Sun/HP-UX/HP/DELL/Cisco)

サービス概要標準メニューオプション体制・拠点Q&A導入フロー・導入事例
EOSL/EOLハードウェア保守 Q&A

Q1.受付は24時間やってくれるのですか?

はい。当社はオンサイト対応時間が平日9-17時のサービスであっても、障害の電話受付はオペレータが24時間受け付けております。
夜間に発生した障害もスムーズに昼間の担当エンジニア様に引く継ぐことができます。
尚、障害解析は平日9-17時の時間帯にて行います。

Q2.障害切り分けはどのように行うのですか?

メーカーと同じです。Sunの場合Explorerログやコマンドで取得したメッセージログを基に、HP-UXの場合STMのログを基に、
X86HPの場合InsightManagerのログをX86DELLの場合Diagnosticsのログを基に切り分けを行います。

Q3.駆け付け時間はどれくらいですか、ベストエフォートとは?

SLAを取り決めない保守内容になっていますので、ベストエフォート(最善努力)という表現になりますが、
障害切り分け後概ね4時間以内の対応となります。
お客様の緊急度合いやご都合、障害内容によって駆け付け時間は異なります。

Q4.24時間365日受付の契約で夜間緊急出動はできるのですか?

もちろん可能です。HDDや電源交換程度であれば、夜間であっても対応実績がございますが、
システムがダウンするような重度障害の場合は、お客様側で影響を確認したりリストアの確認をするなどが発生するため、
平日日中帯の作業になるケースがほとんどです。

Q5.平日9-17時保守でも時間外対応は可能ですか?

原則日勤時間帯の作業とさせていただきますが、作業が長引いた場合22時までは継続いたします。
(状況によっては翌営業日に継続作業を行います)

Q6.保守はどれくらい継続できるのか、保守部材がなくなることはないのですか?

通常3年間は保守を承ります。またその間の部材を確保する運用を行っています。
対象機の出荷台数にもよりますが、メーカー保守終了から3年程度は市場に十分な量が流通しております。
4年目以降は流通量が減少する傾向にありますので、3年目更新の際に次年度継続可否を判断してご連絡いたします。

Q7.保守開始日、保守期間は指定できるのですか?

原則毎月1日開始で、初年度は1年間で締結させていただいております。
月中の開始や1年未満をご希望の場合は別途ご相談ください。尚、2年目更新時からは3ヶ月、
半年間など任意でご指定いただけます。

Q8.主な障害対応例をおしえてください。

HDD交換の場合、X86機は交換時の自動リビルド開始確認まで行います。
RAID障害時はカード交換(RAIDバッテリー含む)及びRAIDのリビルドを行います。
外部ストレージの場合コントローラ交換、RAID再設定、マルチパス再設定も行います。



サービス概要標準メニューオプション体制・拠点Q&A導入フロー・導入事例
お問合せ ご相談はこちら

価格に関するお問い合わせやご不明な点は下記までお願い致します。お気軽にご相談ください。


リユース(中古再生)サーバ、ネットワーク機器、リユース(中古再生)PCのお問い合わせ