ホーム > サービス・ソリューション > Windows Server 2003 脆弱性対策サービス

Windows Server 2003 脆弱性対策サービス

Windowsサーバー2003 サポート終了対策サービス

データライブなら、Windows Server2003の延命から 新OSへの移行まで、
ハードウェアを含めトータルなIT環境の構築・運用サポートが可能です。

Windows Server 2003延命サービスとは

Windowsサーバー2003 サポート終了対策サービス
Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了します。サポート終了後、Microsoft社からWindows Server 2003に対してはセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。このことはわかっているものの、どうしてもすぐには移行を行えない諸事情がある場合、一体どうすればよいのでしょうか?現状のまま手をこまねいていては深刻なセキュリティリスクにさらされることになります。

  • 【2003サポート終了にまつわる課題】
  • ●当面、OS、ハードとも現状維持でいくしかないが、2003サポート終了後のセキュリティ対策のめどが立っていない

  • ●新OS移行は行う予定だが、移行完了までに時間がかかる。その間の「つなぎ」対策はどうすればよい?


Windowsサーバー2003 サポート終了対策サービス

データライブに課題解決のお手伝いを
させてください!



OS・ハードとも現状構成のまま、セキュリティソフトを活用することで期間限定のサーバ脆弱性対策を行います。

Windowsサーバー2003 サポート終了対策サービス

※サーバ・ネットワーク機器の保守サービスの詳細はこちら
 (メーカー混在環境の一括保守ご提供も可能です)
※最長2年程度で新OSへ移行するのが前提です。
※クローズド環境など特殊な環境下における対策についても、ぜひ一度ご相談ください。
Windowsサーバー2003 サポート終了対策サービス
データライブがご提案する対策例

トレンドマイクロ社のTrend Micro Deep SecurityTM, Trend Micro Safe LockTMなどによるセキュリティ対策をご提案します。 データライブ提案セキュリティソフト

※Trend Micro Deep SecurityTM、Trend Micro Safe LockTM はトレンドマイクロ株式会社の製品です。
※Trend Micro Deep SecurityTMは5ライセンス、Trend Micro Safe LockTMは1ライセンスが最小購入数量となります。

お問合せ ご相談はこちら

価格に関するお問い合わせやご不明な点は下記までお願い致します。お気軽にご相談ください。


お問合せ ご相談はこちら