EOL/EOSL保守パーツの国内備蓄

EOSL延長保守サービスを支える
ITハードウェア・ロジスティクス

第三者保守のロジスティクス
本体
7,500種+

データライブの保守用本体種類の数。オフィス内のサーバからデータセンター内の42Uラック相当の大型サーバまで、流通シェアの80%をカバーする本体種を備蓄。障害時の交換機としてだけでなく、ラボ機として保守手順の検証やエンジニア実習にも利用され、障害と復旧時の実機ふるまいの確認にも生かされます。正しい手順確立に欠かせないEOSL保守を支える資源です。

パーツ
40万点+

データライブの保守用備蓄パーツ量。交換に備え全量検査されます。故障交換毎に消費されるパーツの補充のため、日々入荷と品質検査、保守パーツとしての配備が行われます。パーツは個体管理され、詳細型番や検査結果が記録されます。EOL/EOSLパーツ特有の品質ばらつきを見極めることができ、品質の高いパーツの選別を行うことができます。

建物面積
4,600m²

データライブ関東ストックセンターの建物面積。アメリカンフットボール競技場とおよそ同じ面積で、EOL/EOSL本体パーツの物流、品質検査とキッティング、備蓄管理といった保守サービスに欠かせないロジスティクス拠点です。EOL/EOSL保守ご契約10万台に必要な物流をカバーできます。

ISO認証の保守延長サービス

ISO9001認証

保守サービスを提供し、顧客満足を向上するため、ISO9001のマネジメントシステムを導入し、全部署にて認証を受けております。 より高品質のサービス・商品提供体制を整備するためPDCAを徹底し、お客様の満足度向上に努めてまいります。

ISO27001認証

保守サービスの提供にあたり、お客様のさまざまな情報資産を守り有効に活用するため、ISO27001のマネジメントシステムを導入し、全部署にて認証を受けております。 情報セキュリティを徹底し、安心・安全のサービスを提供いたします。