Juniper EX・QFX EOL情報

Juniper EX・QFXスイッチのEOL情報検索メーカー保守期限を迎えるJuniperEX・QFXシリーズスイッチ製品の、買い替え・リプレースや、保守ベンダー見直し、長期保守化等をご検討ください。

Juniper EX・QFXシリーズのEOL一覧情報検索

JuniperEX・QFXのEOL検索と保守延長サービス対象機器の確認ができます。
メーカー発表のEOSL予定月は、予告なく変更が発生しますので、正式な期日は各メーカーのアナウンスメールや機器毎のメーカー保守契約確認サイトにてご確認下さい。

リスト凡例

製品番号:
製品を特定する番号

メーカー保守終了日:
「yyyy/mm/dd」:メーカーEOL期日
「空欄」:未調査
※EOL期日は日本法人発表に準じます。ワールドワイドの終了期日と異なる場合があります。
※メーカー発表のEOL予定日は、予告なく変更が発生します。正式にはメーカー保守契約確認サイト等にてご確認下さい。
※導入ベンダーによる自営保守の場合は、メーカー保守終了日と一致しない場合がございます。

状態:ここでは下記の通り定義します。
「EOS」:販売終了製品(販売終了日=メーカーサポートの基準日)
「EOL予定」:メーカー保守終了予定の製品
「EOL確定」:メーカー保守終了が確定した製品
※メーカー発表のEOL予定月は、予告なく変更が発生します。また構築ベンダー保守の場合は独自の自営保守を行う場合、EOL期日とは一致しない場合がございます。

Juniper EOL保守延長サービスの対象

EOL機器

ブランドメーカーのハードウェアおよびソフトウェアのサポートが終了した製品について、さらに保守延長を行うことができます。故障しても交換修理して利用できる間はIT設備をできるだけ長く維持したいシステムに最適です。

EOSパーツ保守

ハードウェアの販売が終息した製品について、当社からハードウェアを供給し、本体の修理交換に備えることができます。原価償却後、第三者保守サービスでシステム維持コストを抑えることで、価値を高めて長期利用できます。

EOLを迎える機器

現在メーカー保守利用中の製品について、当社で保守延長した場合のお見積りをすることができます。EOS・EOLまたぎ(製品発表から7年以上)でIT基盤の長期利用を計画をすることができます。