データライブの「EOSL延長保守サービス」は、保守サービス対象のITハードウェア機種を選定して、その機種台数と保守サービス条件(保守レベル)を設定することで、法人名義でご利用いただけます。まずは対象機種と保守条件を指定し、お問合せ・お見積を当社窓口までご依頼下さい。

お取り寄せ方法は、WEBサイトで対象システムを構成するハードウェア機種を選定し、条件を選んでお見積りいただける「お見積依頼フォーム」をご利用いただくか、通常のお問合せフォームに必要事項をご記載いただきご依頼いただく方法(もし、機器リストを別途管理されている場合は、それを参考にお見積り致しますので、別途送付希望の旨ご記載ください。)がございます。

EOL・EOSLハードウェア延長保守サービスご希望のお客様は、まず当社WEBサイトより、お見積依頼またはお問合せ下さい。もし内容等にご不明点があれば、お電話にて当社担当者までご連絡下さい。ご質問にご回答いたします。

お客様より対象機器と保守条件を確認し、交換パーツの流通状況や当社の備蓄状況を確認し、お見積り致します。

お問合せから保守開始・終了まで

(※注1)免責期間:
※ご発注後に部材の手配を行います。ご発注後すぐに障害が発生した場合には、必要な部材の配備が完了していない可能性があります。その場合、部材の調達、検品、配備は最優先で行いますが、準備が整い次第の対応となります。
※保守契約開始前に障害及び障害予兆が発生されている場合は、原則保守契約前に修理を行う必要がございます。保守契約開始以前に発生していた障害については、ご発注後のコールであっても別途対応となります。

PM

申し込み後、できるだけ早く保守サービスを受けられるようにしたいのだが・・・

データライブ

いくつか方法がございますが、例えば、ご注文お手続きに入った旨を、ご連絡下さい。ご連絡時点で社内手配を進めさせていただきます。

システム運用

もし、保守準備中に障害が発生した場合は・・・

データライブ

営業担当者にもご連絡いただき、保守コール窓口には、保守IDと合わせて、申し込み済みで手続き中であることをお伝えいただくとスムーズです。

詳細お見積時に必要な情報

  1. 対象機器名称と台数
  2. 対象機器の設置場所
  3. ご希望の保守期間
  4. ご希望の保守サービスレベル(平日9-17時・24h365d など)
  5. 対象機器の構成情報(※注1)

※注1)
機器によって、コマンド出力された情報をご提供いただく場合があります。
詳細な機器構成情報をいただかなくとも概算のお見積りは可能です。正確なお見積りには、構成詳細の確認が必要となります。

保守サービスご契約時に必要な情報

1.ご契約対象機器のシリアル番号

2.お見積書作成時に、ご提供いただけていない構成情報

ご契約の対象機器、サービスの内容によって追加で詳細な構成情報等をご確認させていただく場合があります。

保守オプションサービス(別途)

サイトスペアサービス

お客様ご自身で保守部材を管理保管いただけるサービスです。機器設置場所など保管場所を指定でき、障害発生時の配送待ち時間をカット。再交換パーツを補充は、パーツ消費後、一定のリードタイム後行われます。

ハードディスク返却不要サービス(HDD情報漏洩防止)

データが残存する交換後のハードディスクを返却することなく、お客様で保持することができ、お客様既定の機密情報の取扱いでHDDを処分できます。フィールドエンジニアは作業後、故障ディスクを管理エリアから持ち出し致しません。 

HDD破砕サービス

HDD/SSD 等を交換終了後に当社にて破砕し、破砕証明書をご提出するサービスです。

ネットワーク機器の保守部材・対応について

ネットワーク機器の保守については、お客様からの組み込みソフトウェア(FW)のバージョン合わせの実施、コンフィグ情報の投入の要否に対応した保守パーツの種類、対応方法をご選択いただく事になります。

撤去サービス(買取引取)

不要となったITシステムを、当社の技術者が安全に撤去します。セキュリティ管理された専用フロアで安全にデータ消去を実施。(※オプション:証明書発行、ディスク破砕・ディスク消磁、オンサイト作業)
※年末・年度末・GWなど、ご依頼が集中する期間は、ご対応できない場合がございます。誠に恐れ入りますが、ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。