当社の第三者保守は、メーカー保守業務レベルと変わらない保守サービスを提供します。現場ごとにSLAやITIL標準が設定されている場合や他社システム運用チームとの密接な連携が必要な場合は、保守サービス範囲や提供方法を体制やルールに応じて変更できるカスタム保守レベルをご用意しています。

保守サービスお申し込み後、別途、保守窓口ご連絡先(フリーダイヤル・メールアドレス)をご案内致します。

①②【障害コール受付時】

保守サービスお申込み後に、保守窓口コールセンター(フリーダイヤル・メールアドレス)をご通知いたします。障害発生時に保守窓口までご連絡下さい。受付時に応対するスタッフへ、下記項目についてお伝えの上、いったんお電話をお切り頂き、当社からのご連絡(コールバック)をお待ち下さい

1.貴社名

2.ご担当者氏名

3.コールバック先のお電話番号、メールアドレス

4.シリアル番号、システム名、機器モデル名等、
  対象判別可能な情報

④⑤【コールバック時】

当社担当者より、受付時に伺った連絡先にご連絡いたします。

1.障害対象機のご確認
  (シリアル番号、対象システム名、ホスト名など)

2.障害の症状のご確認

3.障害(アラート)ログのご確認・授受方法

その他、切り分け判断に必要な情報についてヒアリングを行います。

ログファイルサイズが大きい場合は、アップロード用のURLをご案内いたします。

⑭⑮⑯システム復旧確認時

作業完了後、動作確認をいただき復旧を確認いただきます。その後作業完了報告書を作成し、ご署名をいただき退館・故障部品の持ち出し許可(※)申請します。

※データセンターから持ち出し制限がある場合や「記録媒体返却不要サービス」オプションのある場合は、ご担当者様に引き渡しし、処分方法を確認頂きます。

1.システム復旧確認

2.作業報告書のご署名

3.退館・故障部品持ち出し承認

4.各種申請お手続き

クローズ後

クローズ後、回収した故障部品は適正に処分され廃棄まで管理されます。障害で消費された部品や本体を補充します。障害管理における各記録は当社内にフィードバックされ品質管理します。

1.回収品の適正処分

2.消費パーツ・本体の再配備

3.障害管理記録の社内フィードバック